RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

志布志出身の独り言

鹿児島県志布志市出身者の皆様に情報発信をするとともに、さらに情報を共有し、常に昨日の自分、今日の自分から「進化」することを目的としています。
<< 変わり身の早い政治家 | main | 臨時財政対策債 >>
橋下徹市長のネズミ講発言!
0
    今日のTV放送で、橋下新市長がの発言のなかでこんな事を言っていました。

    「日本は高度成長時代に入っていた1970、19880代で人口も増加していた
    時代に作られた年金制度は、この前提条件が大きく変わってしまった中で、
    未だに同じ制度では成り立たないのは当たり前だ。
    この制度は今やネズミ講になっている。」

    と発言しました。
    私は以前に今の年金制度は国家的ネズミ講だと
    指摘しました。全く同じ判断、評価です。


    2011/10/13のブログ


    政治家は間違ったと思ったら素直に謝り、
    すぐに軌道修正しないと国家は破綻の道にひたひたの進んでしまうのです。
    これは会社経営でも全く同じリーダーたる要素です。


    これには国民の責任も絶大です。
    多くの国民は、今まで自民党の政策に何の疑問、批判もせずに
    美味しいところに舌鼓してたべてきたんですからね。
    知らない内に毒に犯されていたのに殆どの国民が気がつかなったんです。

    ではどうするか?
    答えは簡単なんですが、国家の制度を大きく変えるのですから、
    国民の大方の同意が必要です。
    それは国民選挙しかないのですが、仮に国民選挙で国民の
    総意となったとしても、第一党になった政権がその政策を実行する
    能力がないのが、今の民主党の姿です。

    ここはもう少し、数年ですが、橋下徹新市長が国政に出るまで
    待たないと変わらないと思います。

    国がもつのか、国債が暴落するのか、
    時間との戦いとなりました。
    | - | 09:09 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.minasande.com/trackback/1187952