RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

志布志出身の独り言

鹿児島県志布志市出身者の皆様に情報発信をするとともに、さらに情報を共有し、常に昨日の自分、今日の自分から「進化」することを目的としています。
<< 政治家の密約 | main | 最近の入社式 >>
運搬船から潜水艦へ
0
    三菱重工業の神戸造船場が今日の、車運搬船の推進式を
    最後に一般の運搬船の造船をやめました。

    私達の小さいころ、中学校、高校のころかな?、造船の
    建造量は日本が世界一と社会で習った記憶があります。

    それがここ20年ぐらいの間に業界の勢力図が全く
    変ってしまいました。

    中国船舶工業協会は11日までに、中国の2009年の
    造船受注量(重量トンベース)が前年首位の韓国を抜いて世界一となり、
    シェアも6割に達したと発表した。中国は09年、自動車生産でも日本を抜いて
    トップに立ったほか、9日には輸出額でも世界一の座を確保したばかりで、
    世界経済における存在感をさらに高めそうだ。

     造船の世界シェアは日中韓が9割超を占め、争奪戦を繰り広げているが、
    かつて世界一の造船大国だった日本の受注量は1999年に韓国に抜かれた後、
    06年には中国にも逆転された。09年も3位にとどまった日本のシェアは
    縮小傾向にあり、苦しい戦いを強いられている。

     発表によると、中国の09年の造船受注量は2600万トンで、
    1487万トンだった韓国を初めて上回り、シェアも同国の35%を大きく引き離した。
    日本は90万トン、シェア2%で、中韓両国に大きく水をあけられた。

     中国は06年に始まった第11次5カ年計画で造船業の振興を打ち出し、
    上海市近郊に世界最大級の造船基地を建設するなど大規模造船所を整備。
    高い技術が必要な大型液化天然ガス(LNG)船や超大型タンカーを建造する実力を備えた。
                          (47NEWSより)
    イタリアも昔は造船大国だった記憶があるんですが・・・・・。
    その内日本が抜き去り、日本を韓国が抜き去り、さらには韓国を中国が抜き去り、
    今度は中国を抜き去る国が出てくるんだろうか?

    インド?(技術力はあるが)

    ちなみに、神戸造船所は今後は潜水艦を作るんだとさ! 
    やはり防衛産業の最右翼ですね!
    | - | 12:36 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://blog.minasande.com/trackback/1187955